意外と簡単?DIYでガレージ作成!

>

ホームセンターで販売されているキットを使う

必見!簡単にガレージを作る方法とは?

特殊な工具も知識も無く、物置を設置するだけのコストも捻出出来ない。またはややコストを捻出しても良いので少しの手間や時間をかけてガレージ制作の達成感を味わいたいなら、専用キットを使うのが良いです。
大型ホームセンターで購入出来て必要なもの部材は全てキットの中に含まれています。作り方も単に組み上げていくだけなので、特殊な知識や工具は不要です。初心者におすすめの専用キットは物置よりは高くありませんが、コストが発生するので事前にどのくらいなのか確認して下さい。
また既製品のガレージなので、内装やインテリアを工夫しないとオリジナリティを出す事は出来ません。大きさも複数あるので、より大きなガレージを作る事も出来ます。

結露には要注意

ガレージ最大の敵とも言われる結露は、放っておくと腐食の原因になりガレージの寿命を早めてしまいます。
結露は建物の中と外の温度差が原因で起き、ガルバリウムを使っている時に起こりやすいです。水分が乗り物に付着するとサビの原因にもなりますし、しっかりと対策して下さい。
外壁に壁材を貼るのも良いですが劣化しやすいのがネックなので出来れば内装に壁材を貼り、中に断熱材を入れるとより効果的です。壁だけでは無く天井にも断熱材を入れれば冬場もガレージで過ごしやすくなります。
木材の場合は乾燥によるヒビや歪みが起こってしまう事もあるので、定期的なメンテナンスが必要です。愛情を持って日頃から確認していれば早期発見出来ます。


この記事をシェアする